FC2ブログ

第42話 ズレが生じた2つの世界

 俺たちが眠りこけているこの時間。
 すなわち、2019年12月2日の月曜日の午前8時過ぎ。
 現在、俺たちがいるこの世界の六本木ヒルズの最上階。リンゴ ジャパンの支社長室で、ジョージ・アキレスは昨晩から一睡もせずに過ごしていた。

(ヒダリン…… どうしたというのだ。オレがあのプロフェッサー・タチバナの動向を監視しろと命じたことが、よほど気に食わなかったのだろうか? )

(オレは、お前を実の娘も同然に思っているのだぞ。
 なぜだ? なぜ、帰って来ないのだ? 
 こんなことは、初めてだ! )

 彼は昨晩から続けさまに飲んでいたブランデーの空き瓶を床に放り投げた。
 彼の目の回りには酒のせいか、それとも悲しみのせいか、赤暗く、くまができていた。


 そこへ、ノックの音がした。
「入れ!」
「はっ! 失礼します! 」

 入って来たのは、保安室長のシュレッダーだった。
 シュレッダーは入るなり、自分のボスの様子に異変があることに気がつき、声をかけた。

「アキレス様、一体どうしたというのです? 」

 アキレスは威厳を整えてから言った。
「いや。昨晩からヒダリンが、オレの命で出て行ってから帰ってないのだ」

「ああ、そうですか。
 ですが、ヒダリン殿は、わがリンゴ ジャパンきってのファイターです。たまには、息抜きをしたいだけなのでは、ないですか?
 ご心配には及びませんよ」
 とシュレッダーは、アキレスの前では、ヒダリンを呼び捨てにすることもなく内心では、大袈裟な、と思いつつ言った。

「オレもそう思うのだが、何しろこういうことは初めてのことだからな。
 まあ、それもそうだな。もう小娘ではないのだからな」

 あの支社長のアキレスもヒダリンに関しては、ごく一般の娘の父のようであった。



 一方、俺たちが消えてしまった世界での同日、同時間である月曜の朝8時過ぎに場面は移る。

 この世界でのジョージ・アキレスは、
 昨晩、保安室長からヒダリンが、プロフェッサー・タチバナとこの俺、吉本 茂蔵と共に老朽船・真田丸が突如、爆発大炎上したことで行方不明になったと報告を受けていた。

「なぜだ! お前たちが逃げることができて、あのヒダリンが逃げられなかったと言うのか! 」

 アキレスは信じられなかった。

 しかし、このことは、テレビでも大きく報道されていた。
 警察の発表では、老朽した船内の配線が漏電していた箇所から発火したことで、送油が完了したガソリン貯蔵タンクの底に残っていたガソリンの引火性の蒸気に引火、爆発を引き起こした。その後、数分で船全体が火に包まれた。目撃者の証言では、上甲板には3名ほど、人がいたが逃げ遅れたのではないかと言っている。今朝になって鎮火した真田丸を捜索しているが、今現在、何も発見できずにいるということだ。

 不運としか言いようがなかった。
 シュレッダーは神妙な顔で、そう締めくくって退室した。
 それが、昨夜10時ごろの話だった。

 アキレスは一晩中、支社長室にこもり、悲嘆にくれた。
 ブランデーをあおっても悲しみは消えなかった。



 そして俺たちが消えた世界での皆狂(みなくる)博士たちには、真田丸の事故が俺たちに関わっているとは、まだ知るよしもなかったのだ。

「博士、茂蔵さんに何かあったのでは、ないでしょうか? いくらなんでも、とっくに戻ってるはずなんですが…… 」

「そうじゃな、ワシも迂闊(うかつ)じゃった。
 こんなことなら、せめて携帯番号だけでも聞いとけば良かったのう」

 博士たちの顔には、次第に不安の色が現れていた。

 第42話 終わり

20191229184544e3a.jpeg


第41話 地下工場での徹夜作業

 俺たちは、まず腹ごしらえをピザの出前ですませたあと、早速ミラクル研究社の地下にある研究室兼工場に案内された。

 そこは、想像以上に広かった。社屋は3階建ての元々が2LDKの部屋が1フロアに8戸ある建物を改造したものなのだが、地下の工場は奥行が建物の倍ぐらいになる広さだった。天井も4メートルの高さになっていた。
 その中央あたりに車とは違い、ホバークラフトのような乗り物があった。
 博士は、これはまだ外観が出来てるだけで、ゆくゆくは異次元への移動に使う異次元マシンのボディーになるはずだと説明した。
 そして、ホコリを完全にシャットアウトしている無菌室のような広さ5メートル四方ぐらいで高さが2.5メートルぐらいの隔離された感じの部屋を指差して、ここで超集積回路や半導体部品を作るのだと言った。

 そことは別に大釜のような形の密閉された容器に4方向からのパイプが接続されたものや、さらに小型の密閉容器が、8個ぐらい順番に連結されていたりする装置があって、博士は制御パネルを何通りかにセットして、装置を動かした。
 俺は博士からこのパネルのゲージが常に中央を指すようにパネル右側にある長さ20センチぐらいのレバーを微調整するように指示された。
 それが、イレブン・ナインの単結晶シリコンを作る装置だった。俺は1時間かけて、なんとか100グラムのイレブン・ナインを製造できた。

 俺がそうしてる間にも龍虎先生やヒダリンたちが、工場の別の場所で回路の基盤になる部分の製造プログラムを博士から渡されたプログラムリスト通りに入力していた。

 博士は、自分の研究成果を元にイメージスクリーン・システムに送り込む脳波の波形モデルが正しく映像化されるか、何度も試行錯誤のテストをくりかえしていた。そこが、最も厄介な所だった。モデルの数が多く、一人では間に合わないので、翔青も手伝っていた。

 これらの作業は、1時間置きの休憩を取りながら、途中から俺も博士の作業を手伝うようになった。

 そして、夜も白み始めた頃に、ようやく装置の最終組み立て作業に入り、朝の8時までかかって、イメージスクリーン・システムが完成した。

 全員、疲労困憊(こんぱい)で、昼前までみんなその場で眠りこけてしまった。
 実は、ここからが異次元移動における謎への挑戦が始まるのだが……

 第41話 終わり

20191229184544e3a.jpeg


第40話 イメージスクリーン・システム

 博士の言葉は、大いにみんなを勇気づけたが、龍虎先生だけが何かを考えている表情をしていた。そして、考えがまとまった風にして言った。
「博士、ボク達は今、普段の生活を中断した状態なんです。ヒダリンなんか、リンゴ ジャパンの本拠がある六本木ヒルズに自分の住まいがあるのに、ボクらと行動を共にしています。
 だから、一刻も早く元の世界に戻りたいはずです。なので、明日とは言わずに今から元の世界へ行くための時空の合流点を特定する装置の開発を行えないでしょうか? 
 そのためには、ボク達は、出来る限りの協力をしますよ」

 その言葉に博士は腕組みをしたが、やがて決意して言った。
「そうじゃの。よし!分かった。それじゃあ、ワシの考えを先ず言うので、それに同意してくれるのなら、今から早速行動しよう」
 博士は、みんなの顔を見回して、さらに続けた。
「これは最近になって閃いた構想なんじゃが、まず、自分の潜在意識にあるイメージをスクリーンに映して、グループのメンバー全員に共有してもらうんじゃ。すると、それによって変化した他のメンバーの潜在意識のイメージも次々とスクリーンに映す、という事を繰り返すのじゃ。そうする事で飛躍的に新たな装置の開発を推し進めるシステムなんじゃ。
 これをワシは、イメージスクリーン・システムと名付けた。
 このシステムの具体的な内容は、
 ジェット戦闘機のパイロットのヘルメットと同じような形状の装置をかぶってもらって、まず、特に知りたいことを質問する。
 次に、装置の装着者は、質問に答えながら、その内容から潜在意識にあるものをイメージする。
 すると、装置に装着者の脳波が検知される。
 さらに映像化用コンピュータが、その脳波をもとに、人間が目で見えたものを脳内で映像化するようにイメージ映像をヘルメットのバイザーに映す。
 装着者は、バイザーに映った映像の内、特に自分の意思で関心のあるものに焦点を合わせる。
 精密カメラがその装着者の瞳を自動撮影する。
 その映像がスクリーンに映されて、装着者が質問を受けて、最も関心のある映像を全員が共有する。
 ざっと言えば、こんな感じじゃ。
 このシステムを作るためには、超高純度(純度99.999999999% → 小数点の左側がイレブンで右側がナインなんで、イレブン・ナインと呼ばれる)の単結晶シリコンを最低100グラム製造するのと、それを原料にした半導体を30種類製造して、やっと映像化用に適したレベル5の超集積回路を設計した通りに作れるようになる。
 大変じゃが、製造設備は地下にあるので、やってみるかの?
 どうじゃ? 」

 博士の頭の中には、一体どれぐらいのシステム構築に必要な部品が、イメージされてるのか、その装置でスクリーンに投影してもらいたいと俺は思ったが、それをまず作るのが先決だった。
 龍虎先生は、さすがに博士の言葉を理解してるようで、
「みんな! やろうよ! まずは、これからなんだけどね」
 と明るく言った。
 またもや、例のウインクもどきをして。

 第40話 終わり

20191229184544e3a.jpeg


第39話 時空の合流点

 翌朝、俺たち3人は起きるとともに皆狂(ミナクル)博士に会いに行くために身なりを整えていた。
 龍虎先生は、大学に発熱だと偽っての欠勤の電話をしてから、
「あっ、そうだ。皆狂博士にもアポイントの電話しとこっと」と宇宙物理学つながりで知っていたミラクル研究社へ電話した。すぐに助手の翔青という若い男の声の人から皆狂博士は今日は一日、研究所にいることを告げられた。
「よし。これでオッケーね」
 と言って、先生も軽やかに身支度を整え始めた。

 そして、参宮橋の駅に10時過ぎに着いたのだが、俺は考えてみれば商店街の電器屋までしか来てなかったので、駅からの風景は初めて見る物だった。だけど、龍虎先生が iPhone の地図アプリからミラクル研究所を検索して、俺の見覚えのあるパラボラアンテナが屋上に備え付けられた3階建ての建物にたどり着くことができた。

 インターホンを押すと、すぐに若い男の声がした。
 自動で開く門が開けられ、俺たちは若い男のいる入り口へと向かった。半ばほどまで進んであと10メートルぐらいになった時、若い男は叫んだ。
「茂蔵さん! 茂蔵さんじゃないですか!
 無事だったのですね! でも、今まで、なんで連絡してくれなかったんですか? 」
 俺は一瞬、(何を言ってるんだ翔青君は? 昨日、再会してたじゃないか? )
 と思ったが、この世界が昨日、翔青と再会した世界と違うことに気がついて、
「ちょっと、複雑な話になるんで、まずは皆狂博士と一緒に俺たちの話を聞いてくれ」
 と言って中に入らせてもらった。

 俺たちは、すぐに博士の座っている机の隣にある応接室に通された。俺たちが座っていると、博士が間も無くして入って来て、
「立花先生、お久しぶりじゃの。相変わらず、かわいいのう」と普段の驚いたような目を笑顔で細くして言った。

「ほう! 理論的には理解しておったのじゃが、さすがのワシも風呂に入ってたら、裸で町中を駆け出すような話じゃのう」
 と博士が言い、先生が笑顔で
「アルキメデスが浮力の原理を導いた時のようにですね!」と間髪入れずに言った。
「あはっ!アルキメデスの原理かあ」
 とヒダリンも笑った。

 重複するので省略したが、こうして俺たちは、異次元から来たいきさつを全部、話した。博士も、そうやって驚いて見せたが全面的に俺たちの話を信じてくれた。
 そして話してるうちに、どうやらこの世界では俺はまだ、このミラクル研究社に来ていなかったのを知った。
 というのも、翔青は博士から言われて、龍虎先生の研究会の会場に俺が来る可能性に賭けて、これまで二度も張り込みをしたのに空振りに終わっていたので、昨日は私用もあって行かなかったのだ。

 さて、いよいよ話は核心に迫った。
「問題は、時空の合流点をどうやって見つけるかだと思っていたが……
 それは、君たちの話からラベンダーに含まれる何らかの成分を体内に蓄積させれば、見つけられるようじゃの。
 じゃから、それよりも、どうやってたくさん見える時空の合流点から、元の世界にピンポイントで戻れる合流点を特定するかなんじゃな」
 博士は、しばらく目をつぶって考え込んだが、
「まあ、当たって砕けろじゃ。明日から忙しくなるが、覚悟しといてもらおう」
 と言って高らかに笑った。

 第39話 終わり

20191229184544e3a.jpeg



第38話 思い出は走馬灯のように……

 ヒダリンは、思い出のページをめくるように記憶の中の映像を思い浮かべていった。すると、否応なしに強烈な映像が浮かんでしまう。
(会話は津軽弁ですが、作者の言葉になってます)

「エーン、エーン、エーン……
 お父さん! いやだー! いやだよー! 」
「リンゴちゃん、そろそろ、お父さんにお別れを言いましょうね。お父さんは天国に行かなくちゃいけないからね」
 隣りに住んでるいつも優しいおばちゃんが、いつまでも泣きじゃくるヒダリンに声をかけている。

 違う場所からも会話が聞こえる。
「隊長、やっと今日、遭難者7人すべてを救助できました。隊長のおかげで遭難者は、雪崩に巻き込まれずに避難できたのに…… 」
 今さっき、出棺に間に合わそうと、遭難現場から駆けつけてきたレスキュー隊員だった。
「飛騨さんは、吹雪が止む前に遭難現場を突き止めて、避難小屋に誘導したんだね」
 と村長は、隊員に言いながら、すでに分かってることを敢えて皆んなに聞こえるように言った。

 ヒダリンの映像は飛ぶ。
 お葬式がすべて終わった後だ。
「どうしても、うちらがこの子を引き取らにゃあ、ならんのですか? 」
「盛岡には、身寄りのない子供を預かる施設はあるけんど、お前さんの姪っ子じゃないか? 引き取ってやってけろ 」
 村長とヒダリンの叔母との会話のようだ。この叔母の姉、すなわちヒダリンのお母さんは、ヒダリンを産んですぐ、産後の肥立ちが悪く、亡くなっている。
 この時、ヒダリンは9歳にして両親を亡くしてしまった。

 また映像は飛ぶ。
「わーい! たまごっちスペシャルだ! いいだろう」
「ジュンちゃん、あたいにもやらせて」
「だめだよ。これは、俺のだからな。お前は、俺の母ちゃんに欲しいと言いなよ」
「おばちゃんは、あたいなんかに、たまごっちを買ってくれるわけないよ。
 ご飯だって、なして、お前なんかにただ飯食わせにゃならんとか? って言われるんよ」
 ジュンちゃんとは、おばちゃんのひとり息子で、ヒダリンより2歳上のいとこになる。

 また映像は飛ぶ。
 ここは盛岡の隣りのヒダリンが住んでる滝沢市にある中規模の家電店だ。
 たまごっちの第2次ブームでこの店では、たまごっちのお試しコーナーが設けられていた。
「違うよー! あたいは、たまごっちを盗ったりしないよー! 」
「しらばっくれてもだめだ! お嬢ちゃんが今持ってるのは、なんだ? 商品のたまごっちじゃないのか? それも少し割れてるんじゃないのか? 」
「これは、4人組の中学生の男の子たちが、たまごっちを盗って逃げてった方に落ちてたんだよ。あたいは、ただ拾っただけだよ」
「そんな嘘を言ってもだめだよ。ずっとお嬢ちゃんが欲しそうにして、たまごっちをいじり回してたのをおじちゃんは、見てたんだからな。さあ!おうちがどこか教えなさい! 」

 また映像は飛ぶ。
 ここは、ヒダリンのおばちゃんの家。
 おばちゃんは、カンカンになって怒鳴りちらしていた。
「あなた! 私はもう我慢できないわ。この子は明日すぐに盛岡の施設に預けるからね! 」
「お前、明日すぐは、無理でねえだか? 」
「どっちにしても、一刻も早く、この子から解放されたいの! 」
 ヒダリンのお父さんが死んでから、まだ二ヶ月もたっていなかった。

 また映像は飛ぶ。
 ここは、JR盛岡駅。ヒダリンたちの世界にいた俺が、15年前のその日、盛岡子供園に入園する10歳になったばかりの女の子を迎えに盛岡駅の南改札口前で待っていた。盛岡の3月は、まだまだ春が遠く、風は冷たかった。

 電話で聞いていた通りの、冬景色には合わない派手な桔梗(ききょう)の花柄の着物を着た30歳過ぎの女性と、つぎはぎだらけのオーバーオールジーンズを着た10歳ぐらいの女の子が改札を出て来た。
 スポーツ刈りで、小柄だが筋肉で引き締まった身体を一張羅の茶色のスーツが隠しきれない体型の俺は、
「佐々木さんですね。盛岡子供園の吉本です」と言いながら、子供園の身分証を見せた。
「できれば、子供園まで、ご同道願えませんか?
 こんな場所で、お子様をお引き受けするのは、前例がありませんので…… 」
「いいえ! 電話ではっきりお断りしたでしょ! 
 私は、さっさと引き渡したいのだから」
「分かりました。では、ご希望通り、ここで飛騨りんごちゃんを確かに、お引き受けいたします。
 この書類にご記名と捺印をお願いします」
 たったこれだけで、ヒダリンは施設に預けられた。

「飛騨りんごちゃんだね。私は、吉本 茂蔵(しげぞう)です。今日から君が子供園で暮らす手伝いをするからね。よろしく」
 俺は、ニコッと最高の笑顔で言った。

 そこまで思い返して、ヒダリンは向かいのソファーで寝息を立てている現実の俺を見た。
(あの時の先生と中身は全然変わらない。未だにお茶目な所があるのよねえ。この続きは夢でみるよ)

 第38話 終わり

20191229184544e3a.jpeg



プロフィール

力水かける

Author:力水かける
ただ今、《とんでも異次元》というSF部門での小説を執筆中です。主人公と同様にアバウトな奴ですので、思いつくまま書いたのをすぐに投稿してます。それを何度も読み返して、推敲してますので、初投稿とは少し違う箇所が出てますが、お許しください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ